in between days

表参道で働くシニアのブログ

art

古田亮『日本画とは何だったのか』読了

art

近代日本画には、J-POPと同様のガラパゴス感があって、そういった意味でたいへんに気になる。

トーハクに初もうでしたり神聖ローマ帝国皇帝の驚異の世界を見たりした

art

冬休みで時間があったのでいろいろと行きました。

美術についての本を読んでいる

去年、一昨年くらいからよく美術展に行っている。現代作家の作品をギャラリーに、みたいなものではなく、印象派の名作が来てるので上野に行くかというやつ。若い人あまりいない。テレ東の「美の巨人たち」という番組が好きで、エプソンの一社提供だったころ…

1週間にロートレックを3回見た ― 「パリ♥グラフィック」「北斎とジャポニスム」「ゴッホ展」

art

11月の第4週から週末にかけて、芸術の秋というわけでもないけど美術展をいくつか回って、そのすべてにロートレックが出てたのがおもしろかった。

夜の上野でゾウを見てきた

art

トーハク(東京国立博物館)で「運慶」展を見てきた。土曜は夜21時まで開館しているので、日が暮れてから出かけた。

4月に東京ステーションギャラリーで「パロディ、二重の声」という展示を見た

東京ステーションギャラリーにて展示を見てきた。

2016年に一番いってよかった展示は、静岡県立美術館「徳川の平和(パクス・トクガワーナ)」の伊藤若冲「樹花鳥獣図屏風」

art

2017年も2月にはいってから2016年のふりかえり記事を投稿するというのもどうかとおもうけど、静岡まで行ったかいがあったかんじでした。

話題の「生誕300年記念 若冲展」に行ってきたので見どころを挙げてみる

art

上野の東京都美術館でやってる「生誕300年記念 若冲展」を見てきました。たいへんに混んでいるということで、せめてこの作品は見ておいたほうがいいかも、という“あたり”をつけて見に行くとよさそうです。

東博で等伯! 「博物館に初もうで」して「松林図屏風」と北斎「凱風快晴」を見てきた

art

国立東京博物館で年初恒例の企画「博物館に初もうで」に行ってきました。

増上寺で「狩野一信の五百羅漢図展」を見てきた

art

明日までなので羅漢さん見にきた 森美術館でやってる村上隆展の五百羅漢図の元ネタのひとつである狩野一信(かのう・かずのぶ)の全100幅の五百羅漢図を20幅ずつ展示する増上寺宝物展示室の企画、第21幅から第40幅を展示する「前期」が12月27日までだったの…

上野で睡蓮を見た

art

休みが取れたので上野の東京都美術館で『マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展』を見てきた。

京博で「琳派」見てきた

art

京都に行く機会があり、京都国立博物館で「琳派誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る」展を見てきた。 会期後半だったので展示替えされた「船橋蒔絵硯箱」や「舞楽図屏風」「夏秋草図屏風」などは見れなかったけど、目玉の「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」(全…

村上隆の五百羅漢展を見てきた

art

文化の日なので美術館に行ってきた。家を出るのが夕方になったけど森美術館は22時までやってるので安心。ゆっくり周れた。夜までいた。