in between days

表参道で働くシニアのブログ

Google Drive File Streamがファイルを無限にダウンロードし続けるので、Spotlightの検索対象から外してみた

Googleドライブを使っていて手元のPCと同期したい場合、個人アカウントなら「バックアップと同期」を、G Suiteなら「Gogoleドライブファイルストリーム」を使うことになる。

バックアップと同期、ドライブ ファイル ストリームを比較する - Google ドライブ ヘルプ

仕事で使っているMacにGoogle Drive File Stream(以下、GDFS)を入れているのだが、ときおりメニューバーに常駐しているGDFSのアイコンが、何もファイルを更新していないのにぐるぐると回りはじめる怪奇現象に悩まされていた。

GDFSでは、同期しないフォルダを「オンラインでのみ使用可能にする」と設定しておくとオンデマンドで必要なときだけダウンロードするのだが、この同期していないファイルを順々にすべてダウンロードしているようなのだ。

しかも、何度も繰り返しダウンロードしている。オンデマンドだから使ったら実態は消える。そしてまたダウンロードする。これでは無限ループであり、帯域の無駄使いである。

そもそも同期しない設定にしているのだから意図せずダウンロードを繰り返すのはおかしい。GDFSの不具合として何度かGoogleに報告していたのだが、ひょっとしてGDFSの動作には問題がないとするとどういうことが考えられるか?

すべてのファイルの実態を必要としている妖怪プロセスがどこかにいて、そいつがPC内のすべてのファイル・フォルダをなめているのではないか?

そう当たりを付けて何かヒントがないかと検索していたら、こういったツイートが目に入った

Spotlight検索!!!

ひょっとして検索用のインデクサ(索引作成)がリモートドライブまですべてのファイルを開いて回ってるのだろうか?

試しに設定してみることにした。システム環境設定の「Spotlight」を開き「プライバシー」タブにGoogle Driveをドラッグ&ドロップする。

システム環境設定

これでGDFSを再起動したところ、どうやら無限同期は収まっているようであり、ホッと一安心したところである。

しかしまだ油断はならない。インデクサはいつまたあなたの背後に忍び込んでいるかもしれないのです。