Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

in between days

表参道で働くシニアのブログ

ダンスフロアで日本のロックなんてほとんどかかってなかった20年前よりの使者 - Rock.jp 20th Anniversary (1996 - 2016) のお知らせ

event music

このままどこか遠く連れてってくれないか? その気持ちこそがロック音楽のメッセージの源泉なのかもしれません。いや、いきなり明後日のほうからはなしが始まって申しわけない。

1996年11月にRock.jpというイベントをスタートして、今年で20年になります。というかなったんだなということに先日きがつきました。なので、20周年の記念イベントを開催します。明日。

告知が直前になってしまったことについてはたいへん申しわけなく感じておりますが、往年の日本のロックにご興味のある方など、ぜひお越しいただけると幸いです。会場は渋谷喫茶SMiLEです

https://www.facebook.com/events/221353764959533/

Rock.jp 20th Anniversary (1996 - 2016)

1996年は日本のロック的にどういう年だったのでしょうか? ミッシェルガンエレファントが「世界の終わり」でメジャーデビューしました。真心ブラザーズの「拝啓、ジョン・レノン」が話題になり、サニーデイサービスが名盤『東京』を発表。小沢健二は前年までの王子様ノリを反古にするかのような『球体の奏でる音楽』でおだやかにイメージチェンジする一方で、コーネリアスは実験的な意欲作『69/96』のリミックスアルバムをドロップ。ブルーハーツはもう解散しててハイロウズも2枚目、エレファントカシマシは「悲しみの果て」でレコード会社を移籍し、くるりは結成されたばかり。スピッツが「チェリー」を、そしてフィッシュマンズがあの「LONG SEASON」をリリース。

そんな年にイベントをはじめました。.jpドメインを冠してるように(実際にこのドメインは取れてないけど)、Rock.jpは日本のロックばっかりをかける専門のDJイベントです。当時、日本のロックがDJイベントやクラブのダンスフロアでかかるってことはあまりなかった。たぶんレギュラーのイベントは少なくとも東京ではなかったとおもいます(あったら行ってるはずなので)。歌謡曲フリーソウルと解釈してかけるとか、GSをガレージロックとして回すとかそういうのはあったけど、ぼくらはふつうにエレカシとかニューエストモデルとかかけたかったわけです。グレート3とか。で、9年くらいやって、2005年4月に終了しました。Rock.jpを冠したイベントは、それ以来おそらく2回目です。どうぞお見知りおきください。

www.youtube.com