Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

in between days

表参道で働くシニアのブログ

声に出して読みたいラッスンゴレライ、もしくは僕たちは「コール」のリズムで音楽にノっている

けっこう前になるけど「「ラッスンゴレライ」とその仲間たち」って記事を書いたあたりから、ずっとラッスンゴレライについて考えていて、何を考えているかというと、これはリズムネタというけれど「何のリズムだろう?」みたいなことなんだけど、そんなことを考えてるうちに「「ラッスンゴレライ」はどこが面白かったのか」っていう大ヒット記事が出ちゃってたり、今月に入ってからはなにやら陰謀論めいた話題にすらなってて、もうこのネタもかなり今さら感あるけど、まあひっそりと書いてみようとおもいます。

【公式】8.6秒バズーカー『ラッスンゴレライ』 - YouTube

声に出したいのは「ラッスンゴレライ」ではなくて

「ラッスンゴレライ」の何が耳に残る、頭について離れない、つい口ずさんでしまうか、というと、それはネタのタイトルそのものの「ラッスンゴレライ! ラッスンゴレライ!」という繰り返しではなくて、「説明してね!」と振られて出てくる「ちょと待てちょと待てお兄さん」だ! というのは近所に小学校があったり小学生がいたりする方にはすっかりわかってることだろう。

というのは小学生ずっとそこばっかり繰り返して叫んでるし、ゴールデンタイムに移って一発目の「しくじり先生」のサブタイトルが「ちょっと待って3時間スペシャル!」だったことからも、ラッスンゴレライで本当に流行っているのは「ラッスンゴレライ」じゃなくて「ちょっと待って」のほうだというのがわかる(ほかにも雑誌で「ちょっと待ってお兄さん」って特集タイトルがあったりっていうのを見かけたり)。

じゃあ、なぜここのところがそんなに耳に残るのだろう?

リズムを崩さず譜割りで遊ぶ

その「しくじり先生」の番組内で、堀江貴文さんが

ちょーと待ってちょーと待ってお兄さん、楽天優勝ってなんですのん?

ってネタをやって、それで「なんか違う!」と言われてたけど、そう、なんか違う。ここは「ちょーと待って」とか「ちょっと待って」とかじゃなくって「ちょと待て」なのだ。

本来なら「ちょっと/まって」と促音(つまる音)が2つ続けて発音されるところを、8.6秒バズーカはつまらない。いや、ネタが面白いかどうかってことじゃなくてですね、音が、あくまで音がつまらず、平板に「ちょと/まて」とやる。

リズムネタということでリズム的にいうなら、本来「ちょっと待って」をリズムに載せるなら「タッカ/タッカ」となるのが自然だろう。堀江さんがやった「ちょーと」は山口百恵さんの「プレイバックpart2」風ではあるけど、音符に載せるとおそらく「タッカ」になる、はず。

「タッカ/タッカ」とやったほうが自然なところを、敢えて「タタ/タタ」とつまらないところが、このヴァースの印象をちょっと強くしている。これは音楽として、リズムに言葉を載せる行為として考えるなら、いわゆる「譜割り」を工夫しているということになるんだろう。

このネタは、いわゆるコンパ芸などの「コール」にノるようにできていて、そこからは決して逸脱しない。だから、極めてシンプルな四分音符の頭を「パン、パン、パン、パン」と手拍子で打っていくリズムからは決してズレないし、お客さんがリズム的に「あれれ?」とおもう箇所がないように、そこはきっちり押さえている。

きっちりと押さえつつも、3度目の「ちょっと待って」では「チョチョッチョットマテ、オニさん。チョーっと、お兄さん、そこ」と、譜割りでもっと遊んで、ちょっとハードルを高めている。だから、なんか頭に残るし、つい声に出してやってみたくなったりもする。

ここも決して「コール」のリズムからは逸脱しないんだけど、譜割りの工夫で面白さを出している。次の歌詞「そこ、ラッスンゴレライちゃいますのん?」の「そこ」が前に食い込んできてたりもする。ただ、これでリズムとして印象が変わってるかというと、とくに変わったところもなく、あくまでお客さんが「パン、パン、パン」と手拍子してくれる「コール」の形は崩していない。

ピョンコ節からコールへ

前回「「ラッスンゴレライ」とその仲間たち」って記事を書いたとき、副題を「リズムネタに関する考察。とんねるずにはじまる「コール」系譜について」としたんだけど、その「系譜」っていうことについてはこう書いた。

今のリズムネタは「ハイ・ハイ・ハイ・ハイ」とテンポよく手拍子をとって、そこにあわせてノッていかないと調子が出ない。

このリズムの取り方は、コミックソングや音曲、壮士演歌から来たものではないようなきがする。むしろ宴会芸、とくにコンパでの一気飲みや盛り上げのいわゆる「コール」と同じようなリズム感ではないか……

70年代まで日本の演芸では「○○節」だったものが、80年代から「ハイハイハイハイ」というコンパ・ショーパブな「コール」のリズムに入れ替わっていった……。ラッスンゴレライ、武勇伝、ラララライ体操あるある探検隊、といった現代のリズムネタらしいリズムネタは、この系譜にある……。

ラッスンゴレライの「ちょっと待って」が「チョット/マッテ」ではなく、「チョト/マテ」であるのも、もしここを「チョット/マッテ」とやってしまうと、それは昔懐かしい「ピョンコ節」のリズムネタになってしまうのを、あえて避けているともいえる。

ピョンコ節については「ピョンコ節」などを参照。一種の符牒であり、音楽用語としてちゃんとしたものではないようだけど、七五調の日本の音楽によく合うリズムの取り方だ。

日本語を軽快にリズミカルに音楽化しようとしたときについ自然に出てくる「ピョンコ節」を避けて、平板で等拍な「コール」でノろうとするのが現代の日本のリズム感で、それは'80年代の若者(いまやアラフィフの中高年)あたりから広まっていったのではないだろうか。

J-POPも「コール」でノれる

ここから話はかなり雑に印象論だけになっちゃうんだけど「ラッスンゴレライ」のような譜割りは、最近のJ-POPを聞いてるとよく耳にするような気がしていて、リズム的にはとくに変わったところのないエイトビートで、むしろここで何度も書いている「コール」のリズムの取り方と同じように、曲の頭から客が「パン、パン、パン」と手拍子をしてノッてるところに、ボーカルが歌う歌詞の譜割りだけが、自由にズレたりしながら面白さを生み出している。

日本のロック・ポップスにおいて、譜割りの工夫というのは、はっぴいえんどにしろキャロルにしろRCサクセションにしろサザンオールスターズにせよ、その曲のロックっぽさを作り出すため、黒っぽいリズムに日本語を乗せるための工夫だったというのが通説であるが、最近ではそういうブルーズを感じさせるためでなく、リズム自体はずっと平板な「コール」のビートで終始しつつ、その代わり譜割りがもっと自由に工夫され、遊びまわっているような印象がある。

日本のポピュラー・ミュージックは、何らかの形で常に欧米のパクリであって、できるだけ本場っぽいほうがエライという時代がずっと長くあった。そんななかで節回しやメロディはなんとか日本調を脱し、コーラスでハーモニーも付けられるようにはなったけど、最後の難関がアフロメリカンなリズム感覚であって、北米のブルーズ由来のもの、南米やカリブのいわゆるラテンのリズムなどには、なかなか体がついていかないので、本場のようには踊れないというジレンマもあった。

そうやってるうちに'90年代後半、H Jungleあたりを境に、ちゃんと意識して練習・訓練しないとうまくノレないアフロなハネたビート、つまり新しいダンスミュージックやニューリズムを、日本人はもう取り入れるのを諦めてしまったように思える。

リズムはもう等拍ということだけを活かした「コール」でいいじゃん、その代わりにボーカルがリズムの制約をうけない自由な譜割りで面白さを追求したり、1曲のなかで何度も展開があってめまぐるしくリスナーを魅了したり、日本の音楽全体がそういう流れにある中で、その最先端のやり方をお笑いに落とし込んだ最新型「リズムネタ」が「ラッスンゴレライ」であったといえるのではないだろうか。

と、夜中のテンションで書いてしまったのでかなり主語が大きくて大げさな妄想みたいになったけど、いろいろと突っ込みどころも多くて面白いかもなと、とりあえずこのまま公開してみます。

鉄道唱歌 全曲[地理教育 鉄道唱歌 全5集334番]

鉄道唱歌 全曲[地理教育 鉄道唱歌 全5集334番]

4月28日は渋谷(428)の日・または言ってみりゃオザケンナイト

というDJイベントをやります。

4月28日は渋谷(428)の日・または言ってみりゃオザケンナイト

毎年このあたりで渋谷宇田川町のカフェで渋谷系とかオザケンとかたくさんかかるイベントをやってて、今年もやります。GWの手始めに、よかったら遊びにきてください。

2015年4月28日(火・休前日!)21:00‐28:00
1,500円(1ドリンク付)
喫茶SMiLE 東京都 渋谷区宇田川町11-11
DJs: akai, camiroi, kdma, maripon, mgmg, mohri, sakamoto, tag (alphabetical)
4月28日は渋谷(428)の日・または言ってみりゃオザケンナイト
4月28日は渋谷(428)の日・または言ってみりゃオザケンナイト

去年の様子です。

4月28日は渋谷(428)の日・または言ってみりゃオザケンナイト

カレン・フェラン「申しわけない、御社をつぶしたのは私です。」、デビッド・C・ロバートソン「レゴはなぜ世界で愛され続けているのか」、ちきりん「「自分メディア」はこう作る!」読んだ

2014年に出たビジネス系の書籍をいくつか読んだ。ふだんビジネス書はほとんど読まない(あまりマーケティングやセールスに興味がないので、だいたい途中でどうでもいいや、みたいになっちゃう)んだけど、どの本もおもしろくて最後まで読めた。

カレン・フェラン / 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

既存のコンサルティングの手法をひとつひとつその歴史とともに取り上げて、発想や狙い、効能をひと通り説明したあとで、だいたいそれを導入しようとして問題が発生したといった失敗談でまとめるという構成。自分が経験した失敗談なら自分の話として書いている。

この本は「コンサルティング不要論」のようなタイトルでもあるけど、もちろん著者自身もコンサルタントなので、そういったものではない。むしろコンサルティングの手法が、いかに手段と目的が逆転しやすく、無用の長物になりやすいかということを語っているような本だった。提案を実施することにやっきになり、本来の問題を解決することがおざなりになってしまう。そういった事例が繰り返し述べられる。失敗から学ぶ本といえる。

では、どうすれば手段を手段として利用できるか、あるいは著者はどうしているか? 各章で少しずつ語られているが、おそらく人にフォーカスすることを忘れないこと、と書くとあまりに普通すぎるはなしではあるけど。

関係ないけど、深夜番組の「しくじり先生」が人気だったり、年末に大規模な 失敗力カンファレンス が開催されていたり、日本でもいま「失敗」をひとつのエンタメ・ストーリーとして取り上げるムーブメントが来てるんだろうか?

デビッド・C・ロバートソン / レゴはなぜ世界で愛され続けているのか ―― 最高のブランドを支えるイノベーション7つの真理

レゴはなぜ世界で愛され続けているのか 最高のブランドを支えるイノベーション7つの真理

レゴはなぜ世界で愛され続けているのか 最高のブランドを支えるイノベーション7つの真理

近年のレゴ社におけるさまざまな新製品開発のドキュメンタリーで、マインドストームバイオニクルアーキテクチャー、ニンジャゴーなどの開発の舞台裏が語られるとなればそりゃ読むでしょというかんじだけど、サブタイトルに「イノベーション」とあるようにちゃんとビジネス書で、著者がいう「イノベーションの7つの真理」を、レゴ社がいかにしてその導入に失敗し、それを挽回したか、というストーリーが描かれる。

ユーザーと会ったり、小売と向き合ったり、社内の人的リソースを正しくマネジメントしたりすれば上手くいったということで、上に上げた本の失敗の話のすごく大きな具体例のようでもあった。登場人物の多すぎる「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」というかんじもある。

個人的に驚いたのは、大好きだった「エクスプロア・ミュージックローラー」が大失敗事例として登場してきたことで、たしかにデュプロの代わりにはならないだろうけど……。

ちきりん / 「自分メディア」はこう作る! ―― 大人気ブログの超戦略的運営記

ブログ運営本だけど、個々の記事の書き方よりはその原則論、あるいはブランディングやメディアマネジメントといった側面を中心に学ぶところを多い本だった。

ビックヒットの記事が出た翌日には、その振り返り(昨日のPVがすごかった話)じゃなくて、もっとがんばってもっともっとおもしろい記事を書け、というくだりは、確かに! というかんじだったけど、まあなかなかおもしろい記事を連発はできないよね……。