in between days

表参道で働くシニアのブログ

濁点が読めないせいで、iTunesから「bird」が消えた

【追記】まだ確認してませんが、先日公開された11.3系で修正されたとの風の噂を耳にしております。ほんとうなら、こんなに嬉しいことはない、ぼくにはまだ(ry【07-15】

iTunesというのは、Appleの高性能マルチメディアコンテンツ再生ソフト。iPodなどの母艦となるソフトなので、Windowsユーザーでも利用している数少ないAppleソフトウェアのひとつだ。ぼくもそのひとり。

いま配布されている最新のiTunes 11.2.2には、濁点と半濁点の文字が読めないというグレイトなバグがある。たとえば「ブルーハーツ」というバンドは、一文字目の「ブ」を読み飛ばされて、「ル」の並びにソートされる。ひとによっては「ルースターズ」の下に「ブルーハーツ」があって、なかなか具合がよい。僕の再生リストでは「イ」のところに「バービーボーイズ」があって、かなりびっくりする。「バービーボー」「ズ」が読めないんだから、iTunesはこのバンドを「イ」って名前だとおもってるんだろう。すごい。韓流っぽい。そうえば「ピ」って歌手が韓流にいたとおもうけど、iTunes的にはこのひとの名前、なくなってしまうな……。

いくらiTunesが、最新版がリリースされたときに必ず自動アップデートに失敗するようなソフトウェアだとはいえ、こういうぶっ飛んだバグが最初からあるわけではない。今年5月に11.2系がリリースされたときに混入されたバグだ。それから2ヶ月近くたって、リビジョンも2つ増えたけど、まだ直っていないので、これはもう仕様なのかもしれない。

読みに濁点、半濁点があるとリストが読み順にならない | Apple サポートコミュニティ

なぜこういう仕様が、そこ別にルック&フィール的にも前のバージョンと変わってないよね? って場所にエンバグされるのか? 理由を想像してみると面白い。もともとiTunesは国際化周りでいろいろ不安を抱えていて、フォントの扱いが雑だったり、日本語環境なのにスマートリストの日付設定が「DD/MM/YYYY」の並びになる(にもかかわらずカーソルは YYYY → MM → DD と移動する。どういうことかわからないだろう? わからないほうがいいし、言葉で説明しようがない)といったバグが、あるバージョンからコツゼンと姿を現すことがある。日付表示はずっとおかしいままなので、最近は日付を使ったスマートリストは作らないようになった。

さて、タイトルの件。「bird」って歌手がいる。ぼくは日本のミュージシャンは五十音順に並んでほしいので、アルファベットの名前のひとには、ぜんぶご丁寧に「ふりがな」を入力してきた(そういう入力欄がある。便利)。それでずっと五十音順にきれいに並んでくれてたのでiTunesはホントに素晴らしいとおもっていたんだけど、11.2からその「ふりがな」がアダになって、つまり「バード」から濁点の文字を取るから、けっきょく「ー」しか残らない。しかも困ったことに、僕のプレイリストには「ピーズ」がいるのだ。

かくして、栄えある「ー」の欄には「Theピーズ」が鎮座しているため、「bird」はカラムブラウザのアーティストの欄からすっかり姿を消してしまったのだった。ほんとに「ZARD」や「B'z」を持ってなくてよかった。とおもった。

bird’s nest

bird’s nest

とどめをハデにくれ

とどめをハデにくれ

80年代から90年台前半のニューウェーブとかポストパンクとかそのへんのおすすめ15曲

週末に酔っ払って、ニューオーダーっていうのはもともとジョイ・ディビジョンっていうバンドで、みたいなおっさんトークを繰り広げたせいで、懐かしの音楽が懐かしいみたいなおっさんっぽさとやさしさに包まれたのでまとめてみた。単に好きな曲を集めただけで、シーンを代表したりするなにかではありません。あと番号は単に年順です。

1. Joy Division - Love Will Tear Us Apart (1980)


2. Josef K - The Missionary [John Peel session] (1982)


3. New Order - Blue Monday (1983)


4. The Smiths - This Charming Man (1983)


5. Aztec Camera - Jump [Van Halen cover] (1984)


6. The Cure - In Between Days (1985)


7. Talulah Gosh - Talulah Gosh (1987)


8. R.E.M. - It's the End of the World (1987)


9. Dinosaur Jr. - Just Like Heaven (1989)


10. Inspiral Carpets - She comes in the fall (1990)


11. Pale Saints - Sight of You [unofficial clip] (1990)


12. The Wedding Present - Brassneck (1990)


13. Primal Scream - Movin' on Up (1991)


14. Sugar - If I Can't Change Your Mind (1993)


15. The Jesus and Mary Chain - Sometimes Always (1994)


おまけ

あこがれのおっさんぽさある

Kate Nash and Billy Bragg - Foundations / New England (2007/1983)

「最近、Facebookで懐かしいお名前よくみませんか?」の件について

最近、Facebookで懐かしいお名前よくみませんか? - @kimamanote

この件について、僕の見立ては「設定がなにか変更になったからではなくて(その項目はたぶん以前からありそう)、友達マッチングのアルゴリズムFacebookは継続的に改善し続けてるけど、最近入れた変更がすごい効きすぎてる」ってことじゃないかとおもうんですが、いまちょっとちゃんと調べてる時間がないので、関連しそうなヘルプ項目だけまとめておきます。

「電話番号であなたを検索できる人」はFacebookメッセンジャーが提供されたときに分割されたっぽい

下記のヘルプ参照

電話番号を使用して自分を検索できるユーザーの設定の変更を要求されるのはなぜですか。 | Facebookヘルプセンター

たぶん、メッセンジャーを入れたときにダイアログかなんか出たはずだけど、まあそういうのは「はいはい」ってデフォルトで進んでそのままってことがおおいので、それで「全員」になってる場合がありそうですね。

友達マッチングは従来通り「インポートした連絡先」で制御するのではないか?

下記のヘルプ参照

「知り合いかも?」機能とは何ですか。 | Facebookヘルプセンター

このヘルプにある「インポートした連絡先」の挙動について理解しておくとよさそうです

Facebookに対しては、事前に挙動を設定できるという従来のウェブサービス的な考え方を捨てて、出てきた情報に「不要」と言う

以前に、Facebookは従来のWebのサービスによく慣れて、ネットの作法を知っているひとの戸惑いが大きい、というようなことを書いたことがあるけども、例えば「知り合いかも?」とか、あるいはニュースフィードに出てくる情報の選出とかに対して、私はこういう情報がほしいから、と事前になにかを設定しておけば、それに沿って情報を出してくれる、という考え方でFacebookは作られていないので、そういうことを制御できるという考えは捨ててしまって、つきあったほうがよい。

Facebookは、おせっかいすぎる親戚のおばさん、みたいなもので、あんたこれ見たいでしょ? あんたこの人は知ってるでしょ? って勝手にガンガンすすめてくる。とはいっても、まったく脈絡なくサジェッションし続けてくるわけじゃなくて、そこのアルゴリズムの改善に命をかけている。つまり、どんだけ役に立つおせっかいおばさんになれるか、ということをひたすら作り続けている。その際に、キモになる考え方は2つあるとおもう

  • 属性や行動履歴、連絡先などの個人情報をベースに、情報を選出する
  • ユーザーがその情報が不要であれば、たいてい「非表示」を選択できる(PCじゃないとできないものもけっこうある)

「知り合いかも」についても同様で、どういう人が「知り合いかも」に出てきてほしいか、あるいはほしくないかを、事前にFacebookになにかを設定しておけば制御できるのではないか、というのは、このおせっかいすぎるシステムには淡い期待すぎて、とにかく何か関連がありそうなひとをアルゴリズムでマッチングして出してくる。

なので、うわ、この人が出てこられても困る、ってひとが出てきたときのただしい対応は、その写真にマウスオーバーすると右上に × って出るはずなので、それをクリックして、知り合いかも、から削除する。(うろ覚えだけど、こっちで削除すると、向こうでも出なくなったんじゃなかったとおもう[要出典])

知り合いと目される人、ここのURLで確認できるので、ぜったいにつながりたくないひとは、事前にここから「削除」するなり、ほんとうに迷惑なひとならブロックしておくとかしておくとよいかもしれない

https://www.facebook.com/friends/requests/

以上、この件に関して、自分の知見をまとめてみました。時間がないので読みなおしせず公開するので誤字とかご容赦ください(ブコメもらえれば直します)。こちらが勘違いしている仕様などあればそれも(とくに、その設定が友達マッチングに影響するのかどうかは、ヘルプなど調べてないので、実は関係するのかもしれない[要出典])