in between days

表参道で働くシニアのブログ

コロナ自粛後に再開したけれど、1カ月かそこらで終了する美術展けっこうある。あの「超写実絵画」再展示も!《東京近郊》

art

コロナ禍から再開したばっかりなのに、2週とか1カ月かそこらで終了しちゃう美術展がけっこうあるから忘れないで!

ビヨーンズの素敵な日常 または私は如何にして心配するのを止めてアイドルを愛するようになったか

BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)というグループがやっていることにはいかにウソがないか! という話をします。

全国の美術館・博物館が休館したピークはいつだったのか? そんなこと考えもしなかった2月前半に見た展示とあわせて

art

2020年3月、2月後半に続き、2月前半に見た展示です。さすがに4カ月前になるともう「なんだっけ?」というかんじになってきた

2月に1回だけ見れた「AI×美空ひばり」があまりにスゴすぎたのでもう一度なんとか体験したいという話

art

2月は1カ月で20くらい行ってて、これは最高記録ではなかろうか。2月の前半はまだ展示が中止になる気配も薄かったので、やってるうちに見ておこうというより、3月や4月になるとゴールデンウィークをターゲットにした展示がたくさん始まるので、その前に見てお…

森村泰昌・矢後直規・津田青楓・関根正二を見ることができた2020年3月のアートシーン

art

4月はじめから50日近く続いた緊急事態宣言も解除され、東京近郊の美術館や博物館も次々と再開をアナウンスしている。休館中に開幕予定日を迎えてしまった展示では会期を延長したところも多く、これからまた楽しい展示巡りができると嬉しい。

BS1の「そして街から人が消えた~封鎖都市・ベネチア~」は、誰もいない都市の寂しさをとても美しく記録した番組だった

tv

コロナ関連のドキュメンタリー「そして街から人が消えた~封鎖都市・ベネチア~」は、映像の美しさと、時の流れの不思議さを見せつけられたことで印象的な番組だった。

スプラトゥーン2が好きだけと下手すぎるので、逆にデスすると有利みたいなモードができないか考えてみた。

スプラトゥーン2の世界累計販売本数が1,000万本を超えたそうでおめでとうございます。

星野源のラジオの書き起こしを読んで

星野源のラジオの書き起こしを読んで

アマビエとアマビコ

アマビエとアマビコ

ソール・ライター、山沢栄子、奈良原一高、葛飾応為、ハマスホイなどを堪能して、なぜか写真家が多めの2020年1月。

art

2020年1月後半に見た展示をまとめて紹介します。優勝はソール・ライターでした。

「世界に壁を見る 𠮷田穂高展」を三鷹に見てきた

art

1995年に亡くなった版画家、𠮷田穂高の回顧展。良かった。

駅舎とデパートを密結合させすぎた80年越しの負債を返済する渋谷駅 ─ 井の頭線と銀座線の連絡通路をめぐって

渋谷駅の銀座線が井の頭線から遠くなってこらからどうなる? ということを考えていたら技術的負債ってたいへんだなって結論になりました。

月末に京都に行きそうなので足を伸ばしたい展示

2020年2月2日をYYYYMMDDで表すと「20200202」になる。語呂が良い!

よく晴れた御殿山で「加藤泉 LIKE A ROLLING SNOWBALL」展。転がる雪玉のように自由な不自由さ

art

2020年末で閉館が決まっている原美術館で、加藤泉展を見てきました。新作の絵画や彫刻作品などが70点近く展示されている。

コロッケそばの写真を撮ると必ずGoogleフォトがスタイルを適用してくれる、東京江戸博物館の大浮世絵展

art

東京江戸博物館の最寄りの両国駅でコロッケそばを食べて写真を撮ると必ずグーグルさんがスタイルを適用してくれるし、大浮世絵絵展で写楽をもっと見ておきたかった。

年が明けて見る《糸杉》にファン・ゴッホの指数関数的な人生を思い、東京国立博物館に初詣した2020年正月

art

2020年が明けて、上野でゴッホ展を見たり、東京国立博物館に初もうでしたりしました。

2019年12月には「非常にはっきりとわからない」ものを見ました

art

2019年12月は、渋谷駅、ゴシック写本、舘鼻則孝、非常にはっきりとわからない、ミュシャ、吉野石膏コレクションを見ました。

2019年11月は「窓」を見た

art

ハプスブルク展、窓展、美濃の茶陶、ラスト・ウキヨエ、鏑木清方、ザ・アール・サーニ・コレクション、イメージの洞窟、北斎館名品展、大浮世絵展、ユマンジュ日記の世界を見ました。

謎の企画展「非常にはっきりとわからない」を見てきたけど、ほんとにわからなかった

art

現代アートチーム目[mé]の企画展「非常にはっきりとわからない」を千葉市美術館で見てきた。美術館における初の大規模個展だそうだけど、ほんとに「わからない」ので笑ってしまった。

あいちトリエンナーレに行ってきました(ほか、2019年10月に見た11の展示)

art

あいトリといえば《表現の不自由展・その後》の話題ばっかりだったけれど、もちろんそれだけの美術展ではなく、それだけの展示ではないということを確認するために行ってきた。

情報を必要としている者が自ら情報を発信する文化について

ウェッブを使ってテキストを書いたり編んだりしているのであれば、ウェッブをどのように使っているのか、ウェッブでテキストを書くとはどういうことか? 情報をよりよくウェッブで伝えていくために、IT技術によって構築されてプラットフォームの仕組みの上で…

英霊とハイジと五百羅漢、東京大仏と馬喰町のクリームパン(2019年9月に見た展覧会)

art

2019年9月は小早川秋聲展、岸田劉生展、塩田千春展、コートールド美術館展、高畑勲展、東京大仏などを見ました。

macOSのバージョンを上げたらTwitterがOsakaで表示されるようになったからユーザースタイルを当ててなんとかした

macOSをCatalinaにしたら、ChromeでTwitterが読みづらくなったのでユーザースタイルで回避した件

TwitterはSAN値を推定してよさげにマッチングしてほしい

ちょっとしたことでメンタルがブレてしまうようなタイミングには、何かしらのサインを読み取って弱気モードに合わせたミュート処理を適切に行ってほしい。

塩田千春展:魂がふるえる ── 六本木に降る白と赤と黒の糸

art

森美術館で開催されている「塩田千春展:魂がふるえる」を見てきました。黒と赤という強いたくさんの糸で構成された空間の力強さ。

Facebookの「フォローを30日間休止」という仕組みについて

ソーシャルメディアの「ブロック」と「ミュート」の違いについて。

夏は暑い、美術館は寒い。長袖の上着を忘れちゃいけない8月に見た展示

art

歩いて円生の幽霊画から東京芸術大学まで回ったあと、そろそろ日も暮れるかという中をバスで駒込の東洋文庫ミュージアムまで足を延ばしたのがこの夏のハイライトでした。

ジュリアン・オピー展(東京オペラシティ アートギャラリー)を見てきた

art

東京オペラシティアートギャラリーで「ジュリアン・オピー」展を見てきました。オペラシティという街に遊びに来ていたようでした。

みずほ銀行の新システムがIBM×COBOLで昭和っぽさあるとおもったら逆で、みずほだけが「脱・昭和」できてたのか

IT

「35万人月、みずほ銀行システム統合の謎」というシリーズ記事は、バズってる「約1000社」の衝撃だけじゃなくてほかの記事も読むと印象が変わった。

ボブ・ディランのレアトラックを48曲まとめてみてわかったインターネットの現在地

インターネットというかウェブにも30年の歴史があり、移り変わりが激しい世界ですが、それでも重層的に僕たちは生きているということを実感するのです。